je7aykのblog

「デジカメ心象スケッチ」 何事も前向きに(自己改革して生きる)変幻自在の生き方・・・♪ 今、私たちのまわりでは、恐ろしい事件や犯罪が絶えず起こっており、過激な競争社会では人の心をゆがめております。 さらに、日本社会では変革の時代に突入し、会社の常識が変わり・・・ 若い人の人生観、政治を見る目、それに、I・T時代に突入して (すべてがインフォーメーションテクノロジー)こんな時代に、 私たちの苦悩や迷いが少しでも解放され癒されることを願って、 デジカメ心象スケッチを作成しております。

2009年08月

大曲の花火」 ♪第三の巻き ~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

大曲の花火」 ♪第三の巻き ~


「大曲の花火」は、明治四十三年(1910)八月二十六日・二十七日に、諏訪神社において六県煙火共進会として開催されたのが始まりです。そして、大正四年には今までの奥羽六県の大会から「全国花火競技会」と名称を変更し、大会の規模の拡大とレベルアップが図られ、花火業者は毎回新しい技術を取り入れながら、錬磨し、競い合ってきました。途中、戦争のため、一時中断はあったものの、2009年で83回の歴史を数えるにいたっています。
「大曲の花火」が、識者の間で最も権威ある大会として位置づけられているのは、花火をつくった本人が打ち上げなければならないこと、また、内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・文部科学大臣奨励賞・中小企業庁長官賞などが授与されることからで、全国の花火師が目標とする日本一格の高い大会です。


大曲全国競技大会より転載
http://www.ldt.co.jp/hanabi/hanabi1.html

「大曲の花火」 ♪第二の巻き ~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

「大曲の花火」 ♪第二の巻き ~


「大曲の花火」は、明治四十三年(1910)八月二十六日・二十七日に、諏訪神社において六県煙火共進会として開催されたのが始まりです。そして、大正四年には今までの奥羽六県の大会から「全国花火競技会」と名称を変更し、大会の規模の拡大とレベルアップが図られ、花火業者は毎回新しい技術を取り入れながら、錬磨し、競い合ってきました。途中、戦争のため、一時中断はあったものの、2009年で83回の歴史を数えるにいたっています。
「大曲の花火」が、識者の間で最も権威ある大会として位置づけられているのは、花火をつくった本人が打ち上げなければならないこと、また、内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・文部科学大臣奨励賞・中小企業庁長官賞などが授与されることからで、全国の花火師が目標とする日本一格の高い大会です。


大曲全国競技大会より転載
http://www.ldt.co.jp/hanabi/hanabi1.html

ブルーインパルス

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

ブルーインパルスは、航空自衛隊・松島基地・第4航空団に所属する第11飛行隊の通称であり、チーム名です。
 ブルーインパルスは、日本で唯一の展示飛行専任の部隊であり、各地で行われる航空祭でアクロバット飛行を披露する他、長野五輪開会式やワールドカップで航過飛行を実施したりしています。その他にも各地の分屯基地の記念行事や航空学生卒業式で祝賀飛行を行ったり、インディ300マイルレース、国際航空宇宙展、ホビーショウなどのイベントで展示飛行を行っています。

ブルーインパレスより転載


「大曲の花火」 ♪第一の巻き ~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

「大曲の花火」 ♪第一の巻き ~


「大曲の花火」は、明治四十三年(1910)八月二十六日・二十七日に、諏訪神社において六県煙火共進会として開催されたのが始まりです。そして、大正四年には今までの奥羽六県の大会から「全国花火競技会」と名称を変更し、大会の規模の拡大とレベルアップが図られ、花火業者は毎回新しい技術を取り入れながら、錬磨し、競い合ってきました。途中、戦争のため、一時中断はあったものの、2009年で83回の歴史を数えるにいたっています。
「大曲の花火」が、識者の間で最も権威ある大会として位置づけられているのは、花火をつくった本人が打ち上げなければならないこと、また、内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・文部科学大臣奨励賞・中小企業庁長官賞などが授与されることからで、全国の花火師が目標とする日本一格の高い大会です。


大曲全国競技大会より転載
http://www.ldt.co.jp/hanabi/hanabi1.html

福島市 灯篭流し(^^v~♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

福島市 灯篭流し(^^v~♪



 福島市の第26回福島とうろう流し花火大会は17日午後6時半から県庁裏の阿武隈川河畔で開かれた。
 市仏教会、福島とうろう流し発興会の主催。約120本のたいまつが燃える中、故人への思いをめぐらせて灯籠(とうろう)を流す。午後7時15分からは約3000発の花火が夜空を彩りました。

ギャラリー
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成最後の桜(花見山第一幕)デジカメ心象スケッチ