je7aykのblog

「デジカメ心象スケッチ」 何事も前向きに(自己改革して生きる)変幻自在の生き方・・・♪ 今、私たちのまわりでは、恐ろしい事件や犯罪が絶えず起こっており、過激な競争社会では人の心をゆがめております。 さらに、日本社会では変革の時代に突入し、会社の常識が変わり・・・ 若い人の人生観、政治を見る目、それに、I・T時代に突入して (すべてがインフォーメーションテクノロジー)こんな時代に、 私たちの苦悩や迷いが少しでも解放され癒されることを願って、 デジカメ心象スケッチを作成しております。

2009年04月

春爛漫”樹齢1000年の三春滝桜の巻き~Ⅱ ♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

春爛漫”樹齢1000年の三春滝桜の巻き~Ⅱ ♪

 4月18日(土曜)今年も何とか時間を作り、夕方滝桜をゲットしました!!
今年は滝桜のライトアップに興奮し(^^v 驚きました!!
滝桜周辺は夜の8時頃でも車の渋滞が続き観光客で賑わっていました。
滝桜会場手前4Kmで大渋滞”!!

 カーナビで、一番近い1.5km手前で待機~、5時から規制が解除になり、
裏道で会場に乗り込み、駐車場から5分ほど歩きました(^^; 
ブログ”でその写真、スケッチをして披露しま~す!!。

東北の小鎌倉とも呼ばれる城下町、三春。その名が示す通り、三春には三つの春が同時にやって来るという。最初に梅の花が咲き、続いて桜が満開となる。そして今度は桃の花。羨ましいほどに美しい春が、この土地を彩ることになるのだ。
 そのなかでも最も壮観なのは、やはり「滝桜」だろう。一説には樹齢一千年を超えるとも言われるしだれ桜で、花の頃には全国から訪れる桜見物の人たちで、あたりは大変な賑わいとなる。
この滝桜はエドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)で、大正11年、国の天然記念物の指定を受けた



春爛漫”樹齢1000年の三春滝桜の巻き~♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 4月18日(土曜)今年も何とか時間を作り、夕方滝桜をゲットしました!!
今年は滝桜のライトアップに興奮し(^^v 驚きました!!
滝桜周辺は夜の8時頃でも車の渋滞が続き観光客で賑わっていました。
滝桜会場手前4Kmで大渋滞”!!

 カーナビで、一番近い1.5km手前で待機~、5時から規制が解除になり、
裏道で会場に乗り込み、駐車場から5分ほど歩きました(^^; 
ブログ”でその写真、スケッチをして披露しま~す!!。

東北の小鎌倉とも呼ばれる城下町、三春。その名が示す通り、三春には三つの春が同時にやって来るという。最初に梅の花が咲き、続いて桜が満開となる。そして今度は桃の花。羨ましいほどに美しい春が、この土地を彩ることになるのだ。
 そのなかでも最も壮観なのは、やはり「滝桜」だろう。一説には樹齢一千年を超えるとも言われるしだれ桜で、花の頃には全国から訪れる桜見物の人たちで、あたりは大変な賑わいとなる。
この滝桜はエドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)で、大正11年、国の天然記念物の指定を受けた



”桃源郷”~花見山に希望の春を見つけ・・♪第2の巻き~♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

”桃源郷”~花見山に希望の春を見つけ・・第2の巻き~♪

 今年も”桃源郷”花見山を訪ねました(^^v
朝5時過ぎに花見山に着いたときは、あたり一面春の花が咲き、満ち溢れようとており、春本番を確信しました~!!。
桜は今満開で・・・春爛漫の香しい季節を今、迎えてしておりました!。
福島は、今桜の花の満開を迎いています(^^)
花見山頂上にはラッシャー板前がテレビ取材で来ておりました♪

 花見山は日本が誇る桃源郷で~す♪!!写真家、秋山庄太郎が愛した春の山里、
まさに、「桃源郷」・・・毎年4月初めから週末になると、気になる花見山(^^v
今年も桃源郷が気になります♪ (^^;

 日本を代表する写真家故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所で、梅、ハナモモ、数種類の桜、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレンなどの花々がいっせいに咲き競う。まさに桃源郷」の言葉がふさわしい場所。
 花木の生産農家の方が、自らの農地を「みんなにきれいな花を観てもらい心が安らげば」と先代と長い歳月をかけて作り上げ、公開している、個人所有の公園。無料で開放され、市民や観光客に親しまれています。また、花木の生産場所であるため、春以外でも花を観ることができる。

福島市観光物産協会より転載
http://www.f-kankou.jp/asobu/asobu_08/asobu_8_14.html


”桃源郷”~花見山に希望の春を見つけて・・・♪第1の巻き~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

”桃源郷”~花見山に希望の春を見つけ・・・♪第1の巻き~

 今年も”桃源郷”花見山を訪ねました(^^v
朝5時過ぎに花見山に着いたときは、あたり一面春の花が咲き、満ち溢れようとており、春本番を確信しました~!!。
桜は今満開で・・・春爛漫の香しい季節を今、迎えてしておりました!。
福島は、今桜の花の満開を迎いています(^^)
花見山頂上にはラッシャー板前がテレビ取材で来ておりました♪

 花見山は日本が誇る桃源郷で~す♪!!写真家、秋山庄太郎が愛した春の山里、
まさに、「桃源郷」・・・毎年4月初めから週末になると、気になる花見山(^^v
今年も桃源郷が気になります♪ (^^;

 日本を代表する写真家故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所で、梅、ハナモモ、数種類の桜、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレンなどの花々がいっせいに咲き競う。まさに桃源郷」の言葉がふさわしい場所。
 花木の生産農家の方が、自らの農地を「みんなにきれいな花を観てもらい心が安らげば」と先代と長い歳月をかけて作り上げ、公開している、個人所有の公園。無料で開放され、市民や観光客に親しまれています。また、花木の生産場所であるため、春以外でも花を観ることができる。

福島市観光物産協会より転載
http://www.f-kankou.jp/asobu/asobu_08/asobu_8_14.html


ギャラリー
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成サイドの桜(花見山 第二幕)
  • 平成最後の桜(花見山第一幕)デジカメ心象スケッチ